One Tree Hill 4-11

 日記をさぼっていた間に、いろんなことがありました。
 途中で放送時間が変わって1話見損ないましたが(時間が変わったというか、放送している場所によってサマータイムが始まったり終わったりするので、その時に時間がずれるんです)。
 例によってルーカスが死にかけたり。他の人も死にかけたり。また交通事故かよ!
 ダンは最近なぜか、顔がちょっと引き締まっています。
 ところで彼らは今高校3年なんで、次のシーズンは大学生の話なんですかね。よその大学に行く人はいないのかなぁ。




 偽者のデレクはルーカスと本物のデレクによって退治されるが、ペイトンの家の2階から落とされた後、やって来た警察と共にみんなが見に行くと彼は姿を消していた。
 ネイサンは大学のバスケ奨学金をもらえる資格を得るが、ヘイリーと生まれてくる子供のために辞退する。
 バスケチームはコーチの最後の試合でレイヴンズが州チャンピオンになれるかどうかの瀬戸際だった。
 しかし家庭が経済的に苦しいネイサンは奨学金を断ったことを怒っている父親にも援助を断られ、たまたま近付いてきた怪しい男に車をもらったりしてしまう。
 実はその男はスポーツで賭けをするブックメーカーだった。
 1度は男の言いなりに試合を操作したネイサンだが、決勝戦で負けろと言われたことに結局は従わない。
 直後、試合場の外でその男の車が歩いていたネイサンとヘイリーに突っ込み、ヘイリーは重傷を負う。
 それを見て激高したネイサンは男を殴り付けるが、そこに駆け付けたダンが男が既に死んでいることを発見、ネイサンをその場から逃がし、警察には自分が殺したと言う。
 一方自分がルーカスを好きだということを自覚したペイトンは一度は驚いたルーカスにかわされるが、結局ルーカスもそれを承諾。さらにブルックともなんとなく和解。
 しかし決勝戦に心臓の薬を飲まずに臨んだルーカスは、ヘイリーの事故によるショックでいったん心停止してしまう。
 意識不明の間、ルーカスはキースが出て来る夢を見ていた。
 結局、ルーカスは無事に意識を取り戻し、ヘイリーと子供も助かる。
 留置場に入れられたダンは殺人者として公に裁かれることを望んでいたが、司法解剖の結果、ブックメーカーはネイサンが殴る前に死んでいたことが発覚、無罪放免される。
 落胆し、また市長は辞任して家に帰ったダンだが、家の壁にはダンを人殺しと糾弾する文字が張り付けられていた。

 ヘイリー、試合の直前には緊張からひどい腹痛を起こして病院に行く騒ぎになっているし、車はさほどスピードはなかったとはいえまともにぶつかっているのに子供も無事ってどんだけ丈夫なんだ。
 ところでダンがいつも見る「人殺し」という言葉は、最近は他の人も見ているので彼の幻覚ではないが、そうすると彼自身がやっているとしか考えられない。
 キースがやったとかいうとSupernaturalになってしまう。
 それともルーカスにも別人格が?
 というのも、ルーカスは夢の中でキースに「自分が見たものをよく考えろ」と言われているから。ここで夢の中のキースが正解を教えてくれたら、これもSupernaturalになるので反則だから、やっぱりルーカスが無意識にダンがキースを撃った場面(か、それに近いもの)を見ていると思われます。
[PR]
by narumitdc | 2007-10-24 23:42 | One Tree Hill
<< Jericho 1-8 Latinamerican I... >>