The 4400 4-11

 日記をさぼっている間に、今シーズンも残り2話(この話の後に)。
 そろそろ、いったいこのドラマはいつまで続くのか、オチはちゃんと付けてもらえるのか心配になってきました。
 あとネタバレ。




 コリアーは信者(というのか)と共にシアトルの下町に戻り、「プロミス・シティ」という新たなコミュニティを建設する。
 ケヴィンと再会したショーンは、ケヴィンの研究によってプロマイシン服用者の死亡率を減らせるかもしれないと聞き、コリアーに研究結果が出るまでのせめて数カ月はプロマイシンの配布を中止するよう助言するが、コリアーは聞き入れない。
 予言書によって大義名分を得た気持ちになったコリアーは、全人類をプロマイシンによって進化させ、死ぬ者はどうせ進化についていけないので仕方がないという考え方になっていた。
 一方、ある能力者によって、未来人による陰謀の存在が示唆される。陰謀には世界の政財界の大物が含まれるが、彼らはある処置によって未来人に人格を乗っ取られた存在である。
 その陰謀の話を聞いて調査したトムは政府によって病院に入れられ、その間にその処置を施されて最終的に人格を乗っ取られる。
 イザベルは彼女の子供時代を取り戻したいと考えるリチャードに連れ去られ、一時的に子供に戻るが、リチャードが考え直したことによってまた大人に。しかしその彼女をトムが連れ去り、能力を復活させる。
 トムが別人であることにうすうす気付いたダイアナと新上司メーガン(トムの恋人でもある)は、元のトムを取り戻そうと決意する。

 プロマイシンとプロミス・シティってちゃんとかけてあるんだー、と感心しました。
 トムが人格を乗っ取られる話はこのあらすじで見るとただのトンデモですが、実際には数話かかっているので番組の中で見ているとまあまあ納得できます。しかしこの未来人のトムはけっこう怖い。それがかっこいいと言えなくもないけど、元に戻ってほしいです。
 上司が若くなったのはトムの恋人要員だったからか~。トムってあんなに生活も性格も、どっちかというとルックスも地味なのに恋人が途切れませんね。でもきっとメーガンの出番も今シーズン限りではないかと。トムとダイアナの恋人ってみんな捨てキャラ。マルコはまだ一応出て来てますが。
 あと、カイルの「能力」キャシーはどう考えても未来の回し者だと思うな。
[PR]
by narumitdc | 2007-10-28 02:19 | The 4400
<< The Tudors 1-4 Jericho 1-8 >>