One Tree Hill 4-18

そうこうしている間に、いろんなことがありました。また放送時間が変わって2話ほど見逃したり(今回はなんかわけのわからない番組が割り込んできたため)。12月の半ばから先週までは休暇シーズンで再放送だったようです。

前々回はペイトンのストーカーに関して大きな進展がありましたが、ここにルーカスが助けに来るかと思いきや、結局来たのがブルックだったあたりがすごくこの番組らしいと思いました。

おかげでペイトンとブルックが仲直りできてよかった。ペイトン、ブルック、ヘイリーの3人が仲良くしている図がこの番組で一番好きなところかもしれない。カレンとデブ(ネイサン母)も仲直りしてほしいです。

この18話は前シーズンのキースの件を含め、ここ最近の大きな事件が解決に向かう回。あとはネタバレで。





潜在意識に残っていた映像から、ルーカスはキースが撃たれた瞬間を目撃していた女子生徒がいたことを思い出す。事件のトラウマで彼女が正気を失ったと母親は言い張るが、実はそれは狂言で、彼女自身がルーカスに、撃ったのはダンだったと告げる。ダンを糾弾する落書きなどもすべて彼女の仕業だった。

ペイトンとブルックはやっと逮捕された偽デレクの過去を調べ、彼の過失によって死んだ元恋人がペイトンにそっくりであることを突き止める。その事実を突き付けられた偽デレクことイアンは泣いて謝る。

ブックメーカーの脅迫によってルーカスに八百長(というほどでもないが)行為をさせたネイサンは、記者会見で事実を告白して謝罪する。

ところでダン、確か前々回はちゃっかり高校生のプロムにカレンと参加し、正装してたのに、今回は遭難者かと思うほど落ちぶれてます。前回は特に出番がなかったように思うけど、いったいその間に何が。あと、目撃者のアビーという女の子がダンの反省を促そうとして落書きなどしたと言ってるけど、確か通行途中のトラックとか、ダンの幻覚としか思えない事例もあった。そもそもなぜ彼女が警察に行かなかったのかというのはよくわかりませんでした。

そのダンはまだルーカスが真相を知ったことを知らないが、アビーの家に乗り込んだ後(脅迫のようなものに使われた携帯電話から彼女のことを知った。しかし何もしなかった)キースの墓に行き、わざとじゃないが酒瓶を倒し、そこにたまたまライターを落としてその辺をちょっと燃やしてしまう。翌朝ルーカスがそこに行っていつもの独白とかしてるけど、「墓石が焦げてるなー」とか思わなかったのか? アメリカではそんなの日常茶飯事なのか。

ペイトンのストーカーのデレクというのはペイトンの異母兄。最初から彼女がやってる Podcast で例によってこの情報を垂れ流したことから、イアンはこれが使えると思ったらしい。実際、顔も部屋もだだ漏れなんで、ペイトンの自業自得とも言える。スタッフが最初からこうなることを想定して Podcast を使わせていたとしたら、遠大すぎるストーリー構想。
[PR]
by narumitdc | 2008-01-09 08:34 | One Tree Hill
<< One Tree Hill 4-21 Hustle 4-6 >>