Moonlight 1-8

この前の記事を見直したらドラマの内容が全然書かれていないので、ちょっと。

主人公は見た目30歳くらいの男性ヴァンパイア。ロサンゼルスで私立探偵をしています。生まれは1920年代くらい(普通に生きていたときの実年齢を言うシーンがあったんですが、忘れました)。50年代に大恋愛の末結婚した妻がヴァンパイアで、彼はヴァンパイアにされてしまいます。どうやらその後彼女とは離れて過ごし、ロサンゼルスのヴァンパイア仲間の長老みたいな、400年ほど生きているヴァンパイア(見た目は主人公より若い)に面倒を見てもらっていたようです。本題とは関係ないけど主人公はもともとミュージシャンだったよう。

20年ほど前、彼はある少女の誘拐事件にかかわります。彼女を誘拐したのは彼の元妻でした。事件の解決後、彼は少女の成長を見守っていましたが(客観的にはストーカー)、最近、ネットニュース会社のレポーターになっている彼女と再会。元妻の方はその事件のときに殺したはずだと思っていたが…。

みたいな話で、要するにこのレポーターと主人公の恋愛話。まだそこまでいってないというか、ひょっとするとこのまま引きずるのかもしれませんが。個人的には「いい加減に進展しろよ」とイライラするくらいの恋愛話の方が好きなので別にいいですけど。

バフィー/エンジェルより軽い感じですかね。軽いというか、Joss Whedon のドラマって、私にはアニメ~ライトノベルみたいなノリの、キャラがまずあり、その設定や過去を視聴者がみんな知ってて、それを踏まえた上で制作者がストーリーを作るという、ストーリーそのものよりもキャラいじりが主体のような内輪受けっぽい雰囲気を感じるのですが、Moonlight はもっと普通のドラマのように思えます。

オリジナリティはあまり感じられませんが…。『エンジェル』に似ている点を除いても、400歳の年上の仲間が面倒を見てくれる(のわりに頼りにならない)あたりが「ハイランダー」(ドラマ)を思い出させます。あっちは主人公が400歳ですが。この世界のヴァンパイアは一瞬で灰にならず、燃やすか首を落とさないと死なないというのも、後者の方がハイランダーと同じなので似てる。銀が毒物と同じなので銀で溶解されたヴァンパイアの死体というのが出てきましたが、ってことは死体はいつまでも残っているようです。検死の人はごまかせているのか。
[PR]
by narumitdc | 2008-02-23 23:29 | Moonlight
<< Cold Case 5-8 Jericho 1-22 >>