2007年 12月 05日 ( 1 )

Jericho 1-13

 先々週にシーズン前半の総集編、先週は謎の多い主人公ジェイクの爆撃直前の行動や謎の多い脇役ホーキンズの爆撃直前の行動などがあり、久々に話が進みました。
 けっこう硬派な話のまま進んでいてうれしいです。
 いやつまり、ファンタジー要素などがないってことで。
 誰が爆撃をしたのかはわからないんだけど、とりあえず爆撃を受けていない場所の人々は不便な生活ながら徐々に立ち直りつつあり、物々交換をする市場のような場所ができている、というあたりが今回の話。
 あと、傭兵部隊が自分たちを政府の代理と名乗り、わりと好き勝手しているらしい。
 主人公はジェイクなんですが、ティーンエイジャーのデイルという男の子がわりと目玉になりそうな雰囲気です。高校で、たぶんオタクっぽい感じで同級生から馬鹿にされながらも普通にいい子だったのに、母親が爆撃でたぶん死亡したことから否応なく成長しなければならない羽目に。
 しかし、ストーリー自体は硬派だけどディテールに関してはちょっと気になるところも。
 例えば現時点で爆撃から8週間経ってますが、みんながよく集まってるバーの酒がなくなる気配がない。いったいどれだけの酒を貯蔵しているのか。
 それと電気がないので灯りにろうそくを使っていますが、みんなろうそく使いすぎだろー。夜になったからと言って家の中をくまなく照らす必要はないだろう。1カ所に3本とか置かない。もったいないじゃないですか。それでいて冬になってきたので暖房をどうしようと悩むとか、ちょっとおかしい。暖炉はあるみたいだから木を切ってくればいいのでは? そいでもって暖炉がついてるときはろうそくを消しなさい。
 ところでこの番組、1シーズン打ち切りかと思われたところにファンが CBS に何トンかのピーナツを送り付けたために続行となったそうです。なぜピーナツなのかはよくわかりません。
[PR]
by narumitdc | 2007-12-05 11:56 | Jericho