カテゴリ:Latinamerican Idol( 13 )

Latinamerican Idol 第2シーズン最終結果

 最後に勝ったのはグアテマラのカルロスでした。
 リカルドの方が実力上位かなと思っていたのですが、カルロスは最初あんまり目立たないところから始まって徐々に力を付けた印象があるので、番組らしくて良かったんじゃないかと思います。
 カルロスは、またはリカルドはダビッド・ビズバルを超えられるでしょうか(なぜ比べるかというと、ビズバルもスペインのオーディション番組出身だからです)。
 ふたりがSin Banderaの曲をデュエットしたのが良かったので、いっそふたりで売り出せばいいんじゃないかとも思えましたが。
 ゲストですが、フアネスは喉の調子がイマイチ良くなかったんじゃないかなーと思えたのがちょっと残念。
[PR]
by narumitdc | 2007-10-01 01:06 | Latinamerican Idol

Latinamerican Idol 9/19と結果

 最後の2人はリカルドとカルロス、男の子対決になりました。
 レベル的に見てロサンヘラは僅差で落ちたんじゃないかと思いますが、やっぱり視聴者に女の子が多いんでしょうか。
 今回、3人がちょっと里帰りする映像がありましたが、リカルドとカルロスを地元空港で出迎えたのは女の子ばかり。
 特にカルロスなんか、グアテマラ中の若い女の子が来たかという騒ぎでした。
 PCを買い替えたのでそっちに時間を取られ、見るのが遅くなってしまったんですが、最後の対決は今日です。
 あと、明日の結果発表にはフアネス、パウリナ・ルビオ、ミランダがゲストで出るそうです。
 フアネスは新譜の曲をテレビで歌うのは初めてらしいです。また髪の毛が短くなってます。
[PR]
by narumitdc | 2007-09-26 23:10 | Latinamerican Idol

Latinamerican Idol 9/12と結果

 アルキメデスが落ち、残りはリカルド、カルロス、ロサンヘラの3人に。
 アルキメデスは声こそ甘いし歌もうまくはあるんですが、今ひとつ決め手に欠けるような気がしたので、正直ここまで残ったのは意外です。
 最後の2人が誰か楽しみ。
[PR]
by narumitdc | 2007-09-15 11:01 | Latinamerican Idol

Latinamerican Idol 9/5 と結果

 5人に減ったので、ひとり2曲ずつです。どっちもランチェロだったので驚いたというか、ランチェロとセレナータ、バラーダがテーマだったようです。要するに、マリアッチと一緒に歌うような曲です。私にはそれぞれの違いはわかりません。
 ここではランチェラと呼ばれていましたが、musicaやcancionといった女性名詞のあとにつく形容詞として使われているからランチェラなのかな? よくわかりません。
 先週のトラディショナルぽいテーマのときにリカルドがきっとルイス・ミゲルの「メヒコー!」という曲を歌ってくれると期待していたのですが、今週の締めにちゃんと歌ってくれました。これが古い歌なのかどうかわかりません。そもそもタイトルも知らないのですが。わからないことだらけ。
 今週落ちたのはベネズエラのシルビアでした。彼女は好きでも嫌いでもないし、歌もうまいとは思うのですが、特に個性と言えるものがないような気がするので個人的にはここまで残ったのが不思議だと思っていました。
 これで残りはメキシコ、プエルトリコ、エルサルバドル、グアテマラの4人となり、番組はほとんど「中米アイドル」に(メキシコとプエルトリコは北米ぽいですが)。
[PR]
by narumitdc | 2007-09-10 00:01 | Latinamerican Idol

Latinamerican Idol 8/29 と結果

 ついにフランシスコが落ちてしまいました。
 まあ、健闘したと言えるんじゃないでしょうか。彼は歌はうまいと思うんですが、どうも「アイドル」かと言われるとちょっと違うような気が。20年くらい育つといい感じのような気がします。
 今週のテーマは Musica de la tierra で、意味がよくわかんなかったのですが、どうもトラディショナルぽいテイストのポップスを選べと言うことだったようです。クンビアとか。
 リカルドはメキシコ人なのでランチェロに違いないと思ったんですが、違いました。
 というか、予告を見たら来週はランチェロ特集のようです。メキシコ人ひとりしかいないのにランチェロだけ特別扱いなのー?
 ま、見てる分には楽しいかもしれません。もはやポップアイドルのオーディションというよりは隠し芸大会のようでもあります。

 ところでこの番組の直後に、Fusion A2という番組をおそらく月イチくらいでやってるのを発見。短時間で2組のアーティストをコラボさせてしまうという、実にラテンの芸能界が好きそうな企画です。私もわりと好きですが、ラテンの音楽界(スペイン含む)ってコラボ企画が非常に多い気がします。番組タイトルは「フシオナードス」と呼ぶようです。
 チャンネルはSonyなんですが、このチャンネルは最近ラテン独自番組が増えてきて楽しいかも。もっとも今のところ見てるのはこの2つだけですが。元は英米のドラマ垂れ流しチャンネルだったので、それが目当ての人は「もっとアメリカのドラマを流せ」と思ってるかもしれませんけど。
 私もこれ以外はほぼアメリカのドラマを見てるんですが、アメリカのドラマを見せるチャンネルならほかにもあるし。何より、個人的にはこのチャンネルのアメリカドラマを全然見てません。CSIもDesperate HousewivesもScrubsももう見てないしな……。
 Epitafiosを見て「ラテンのドラマでもやればできるじゃん!」と思ったので、ぜひオリジナルドラマの制作もやってみてほしいところです。
 それでこのFusion A2なんですが、今回はコロンビアのFonsecaとメキシコのReikのコラボでした。
 フォンセカはバジェナト系ポップスをやる人で、最初の頃はただのカルロス・ビベスのコピー路線かと思っていたんですが、あれよあれよという間にけっこうスターに。今のコロンビアポップス界だと、シャキーラ、フアネス、カルロス・ビベスを別格とするとその次くらいにいるんじゃないでしょうか。
 Reikは若い男の子3人組。ヴォーカルの泣きが入りまくった声がけっこう好き。
 前回、MirandaとModerattoの時にたまたま初めて見た時は前半の「2組がオリジナル曲を1曲作る」パートは飛ばし見だったんですが、今回は全部ちゃんと見てみました(といっても全部見ても合わせて1時間)。
 このパート、実時間では12時間×2日で1曲を作るということで、スタジオに詰めている間にストレスがたまって来てもめたりするのも見ている分には楽しい。方向性がなかなか決まらないのでフォンセカが「じゃあ(バジェナトを入れずに)100%ポップスでやればいいよ。でもそれじゃフュージョンの意味ないよ」と言い捨て、スタジオを出て行ってしまう場面も。
 しかし最後にはちゃんとできあがりました。
 後半はライブで、それぞれが自分の曲、相手の曲を別々に歌い、最後に一緒にできあがった例のコラボ曲を歌います。
 相手の曲を自分のスタイルにアレンジして歌うパートが一番楽しいかな。
[PR]
by narumitdc | 2007-09-01 05:06 | Latinamerican Idol

Latinamerican Idol 8/22 と結果

 私がさぼっている間に人数は半減してしまいました。
 今残っているのはこの6人。
 ロサンヘラ(プエルトリコ)
 シルビア(ベネズエラ)
 リカルド(メキシコ)
 アルキメデス(エルサルバドル)
 カルロス(グアテマラ)
 フランシスコ(コロンビア)
 出身国がきれいにばらけました。しかしコロンビアより北の人しかいません。会場はアルゼンチンなのに。ふと見たら、最初あれほどいたアルゼンチン人が全然いなくなってるのに驚きました。これまで落ちた6人のうち、なんと4人がアルゼンチン人です。
 フランシスコは常に最後から2番目です。
 今週はもう一人のメキシコ人、サウルが落ち、審査員のグスタボはかなり気に入らなかった様子。
 しかし個人的にはサウルは危ない気がしていました。というのも彼はリカルドと年齢とか背格好がかぶってるんですよねー。とすると、比べた場合、顔が一般受けしそうな(と私が思う)リカルドの方が有利で、結局リカルドに人気が出たら不利なのはサウルだったのではないかと。
 そのリカルドは本命街道をばく進中。いや、歌もうまいです。彼は弱く歌うところもちゃんと声が入っているし、速く歌っても適当な感じにならない。アマチュアぽくありません。お父さんも音楽関係の仕事をしていると言ってましたが、有名人とかではないと見た。父親が有名な芸能人でここまで歌えたら、25まで未デビューということは(メキシコでは)ありえません。
 単にうまければ優勝するというものでもないけど、とりあえず最後の2人までは間違いなく残るんじゃないかな。
 ところで結果発表の日のゲストもラテン的にけっこう豪華です。先週はディエゴ・トレス、今週はリカルド・モンタネールでした。モンタネールもリカルドを絶賛してました。
[PR]
by narumitdc | 2007-08-27 07:46 | Latinamerican Idol

Latinamerican Idol 8/1 と結果

 本戦が始まりましたが、その前にファイナリストのルックスが整えられます。これもなかなか楽しい。
 アルキメデスは髪の毛切られました。実はみんな彼の髪は短い方がいいと思ってたのね。
 あと、Gaeta 似のフリアンはストレートパーマでも当てられたのか、すごいヴィジュアル系みたいな顔になってました。日本人でもメイク次第でこういう子いるよね、みたいな。あるいは大衆演劇のスターみたいな。
 今回は落ちた人が 2 人出ました。たぶん最初の 2 回は 2 人ずつ落として、放送回数を調節するんでしょう。
 あと、今週の結果発表の時のゲストにベリンダが。
 そもそも American Idol とかこの系列の番組って「ルックスやイメージ先行で歌がうまくないアイドル歌手」に対するアンチテーゼとして始まったと思ってたんですが、そうだとするとこの人選はすごく皮肉な感じが。そのアイドル像に最も近いラテンアメリカの歌手がベリンダだと個人的に思うので。や、けっこう好きなんだけど、どうがんばってもなぜか誰かのコピーにしか見えない。それが味だと思うんですが、全然ほめてるように聞こえませんね。
 それはさておき、今週落ちたのはその Gaeta 似のフリアンと、最後に滑り込んだエミリアーノ・ロケでした。
 個人的にはごっついフアン・パブロが危ないかと思ってたんですが。好きだけど、歌がすんごいうまいかと言われると微妙な部分も。ほとんどの点は、ルックスと歌のギャップで稼いでると思う。
[PR]
by narumitdc | 2007-08-06 07:28 | Latinamerican Idol

Latinamerican Idol 7/25 と結果

 本放送で見たけど、今週の敗者復活は審査員選抜でその場で決まってしまいました。木曜はここまでの総集編を放送するようです(まだ見てない)。
 しかもここで結局、ファイナリストが12人になるという発表が。
 普通なら番組が始まる前からそうなることに決まってたんだろうと思うところだけど、ラテンだからなー。チャンネルはSONYだし、制作もSONYだし、売り出す場合のレーベルもSONYだからもう好きなようにやっちゃえるんじゃないでしょうか。
 しかし3人ならエセキエルを入れてもらえると思ったのにー。
 入ったのはサマンタとロサンヘラ、エミリアノ(もうひとりの方)でした。
 これで女の子が一挙に3倍、3人になりました。
 サマンタはうまいので楽しみ。
[PR]
by narumitdc | 2007-07-28 09:28 | Latinamerican Idol

Latinamerican Idol 7/18 と結果

 Epitafios の再放送を見ようとしたらこれの本放送とぶつかってしまい、週末の再放送を見ることになってしまいました。
 でも再放送だとパフォーマンスと結果が続けて見られるので、ある意味楽かも。しかし来週は本放送で見るつもり。
 双子の片割れサウルとエセキエル(けっこうある名前らしい)がいいかなと思ったものの、さすがに今週は男の子2人は入らないだろうと思ったら、3人とも男の子でした。
 てことは票数操作とかしてないんですかねー(信用してない。票数が出るわけじゃないので何がどう操作されても全然わからないわけですが)。
 入ったのはまず 16 歳のエミリアノ(アルゼンチン)。この回エミリアノが2人おり、もうひとりの方がうまいかと思ったんですが。というかカルロスの時も思ったけど、投票する時紛らわしいから同じ名前の人は別の回に入れればいいのに。
 それとフリアン(アルゼンチン)。顔濃いです。でも誰かに似てると思ってたんだけど、今回、Battlestar Galactica の Gaeta だということに気が付きました。
 それから双子のサウル。最初の予選の映像でグスタボに「サウルの方がうまい」と言われてましたが、今回改めて聞くと確かにサウルの方がうまい。顔はそっくりなんで入れ替わっても気付かれないだろうと思ってましたが、気付かれそう。
 敗者復活はもうひとりのエミリアノとマイダ(女の子)でした。
 しかしここで敗者復活に各回からもうひとりずつ増やすことが発表され、初回のサマンタと2回目のディアナ、今回のエセキエルが入りました。
 で、結局敗者復活に入れるのが9人になりましたが、それでも残るのはひとりだと思いますが。
 しかしもし敗者復活から女の子が入ったとしても女の子は2人しかいない。2シーズン目にして思い切った番組ですな。行き当たりばったりなのか。それもラテンらしくてまたよし。
[PR]
by narumitdc | 2007-07-23 12:45 | Latinamerican Idol

Latinamerican Idol 7/11 と結果

 先週、男の子が3人選ばれたので、今週は最低2人は女の子だろうと予想し、ちょっと可愛い顔のディアナとシルビア、そこにもし男の子が入るとしたらコロンビアのフランシスコかな~と考えていました。
 今週は審査員の予想はありませんでした。
 あと、先週の回想シーンでアルキメデスの歌を聞き直したら、けっこう甘い声で、これはこれでアリかと思いました。
 それにしても、先週の結果発表の日はその週のメンバー10人の歌が最初にあったのに、今週は先週勝ち残った3人の歌だけで今週のメンバーの歌はなし。なんか既にリカルドのための番組になってるような気がするのは気のせいか。
 そして今週の結果は私の予想を一部覆し、例のごっついフアン・パブロとシルビア、それからフランシスコでした。
 みんなもごっついフアン・パブロを気に入ってくれてうれしい。
 しかしそうすると男女を同数にするのはもう諦めたんですかね。
 これ以前の予選では、ステージ慣れもしてないし最後に残るのは無理かと思われたフランシスコ、大化けしました。
 予選後の3カ月ほどの間にものすごいトレーニングをしたとしか思えない。声自体が変わっててびっくりしたよ。
 顔と体型は中学生なのに声だけアレハンドロ・フェルナンデス。なんか怖い。
 敗者復活の権利は双子のひとりエドガルと女の子のロレトに。ロレトは確かにうまいと思った。ただ、今回の視聴者投票の傾向としてロック系は受けない感じなのに女の子はちょっとロックっぽい歌が多いのが不利な気が。それと双子のひとりは確か予選まで Isaac という名前じゃなかったか?
[PR]
by narumitdc | 2007-07-14 10:55 | Latinamerican Idol