<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Latinamerican Idol 7/25 と結果

 本放送で見たけど、今週の敗者復活は審査員選抜でその場で決まってしまいました。木曜はここまでの総集編を放送するようです(まだ見てない)。
 しかもここで結局、ファイナリストが12人になるという発表が。
 普通なら番組が始まる前からそうなることに決まってたんだろうと思うところだけど、ラテンだからなー。チャンネルはSONYだし、制作もSONYだし、売り出す場合のレーベルもSONYだからもう好きなようにやっちゃえるんじゃないでしょうか。
 しかし3人ならエセキエルを入れてもらえると思ったのにー。
 入ったのはサマンタとロサンヘラ、エミリアノ(もうひとりの方)でした。
 これで女の子が一挙に3倍、3人になりました。
 サマンタはうまいので楽しみ。
[PR]
by narumitdc | 2007-07-28 09:28 | Latinamerican Idol

Latinamerican Idol 7/18 と結果

 Epitafios の再放送を見ようとしたらこれの本放送とぶつかってしまい、週末の再放送を見ることになってしまいました。
 でも再放送だとパフォーマンスと結果が続けて見られるので、ある意味楽かも。しかし来週は本放送で見るつもり。
 双子の片割れサウルとエセキエル(けっこうある名前らしい)がいいかなと思ったものの、さすがに今週は男の子2人は入らないだろうと思ったら、3人とも男の子でした。
 てことは票数操作とかしてないんですかねー(信用してない。票数が出るわけじゃないので何がどう操作されても全然わからないわけですが)。
 入ったのはまず 16 歳のエミリアノ(アルゼンチン)。この回エミリアノが2人おり、もうひとりの方がうまいかと思ったんですが。というかカルロスの時も思ったけど、投票する時紛らわしいから同じ名前の人は別の回に入れればいいのに。
 それとフリアン(アルゼンチン)。顔濃いです。でも誰かに似てると思ってたんだけど、今回、Battlestar Galactica の Gaeta だということに気が付きました。
 それから双子のサウル。最初の予選の映像でグスタボに「サウルの方がうまい」と言われてましたが、今回改めて聞くと確かにサウルの方がうまい。顔はそっくりなんで入れ替わっても気付かれないだろうと思ってましたが、気付かれそう。
 敗者復活はもうひとりのエミリアノとマイダ(女の子)でした。
 しかしここで敗者復活に各回からもうひとりずつ増やすことが発表され、初回のサマンタと2回目のディアナ、今回のエセキエルが入りました。
 で、結局敗者復活に入れるのが9人になりましたが、それでも残るのはひとりだと思いますが。
 しかしもし敗者復活から女の子が入ったとしても女の子は2人しかいない。2シーズン目にして思い切った番組ですな。行き当たりばったりなのか。それもラテンらしくてまたよし。
[PR]
by narumitdc | 2007-07-23 12:45 | Latinamerican Idol

Latinamerican Idol 7/11 と結果

 先週、男の子が3人選ばれたので、今週は最低2人は女の子だろうと予想し、ちょっと可愛い顔のディアナとシルビア、そこにもし男の子が入るとしたらコロンビアのフランシスコかな~と考えていました。
 今週は審査員の予想はありませんでした。
 あと、先週の回想シーンでアルキメデスの歌を聞き直したら、けっこう甘い声で、これはこれでアリかと思いました。
 それにしても、先週の結果発表の日はその週のメンバー10人の歌が最初にあったのに、今週は先週勝ち残った3人の歌だけで今週のメンバーの歌はなし。なんか既にリカルドのための番組になってるような気がするのは気のせいか。
 そして今週の結果は私の予想を一部覆し、例のごっついフアン・パブロとシルビア、それからフランシスコでした。
 みんなもごっついフアン・パブロを気に入ってくれてうれしい。
 しかしそうすると男女を同数にするのはもう諦めたんですかね。
 これ以前の予選では、ステージ慣れもしてないし最後に残るのは無理かと思われたフランシスコ、大化けしました。
 予選後の3カ月ほどの間にものすごいトレーニングをしたとしか思えない。声自体が変わっててびっくりしたよ。
 顔と体型は中学生なのに声だけアレハンドロ・フェルナンデス。なんか怖い。
 敗者復活の権利は双子のひとりエドガルと女の子のロレトに。ロレトは確かにうまいと思った。ただ、今回の視聴者投票の傾向としてロック系は受けない感じなのに女の子はちょっとロックっぽい歌が多いのが不利な気が。それと双子のひとりは確か予選まで Isaac という名前じゃなかったか?
[PR]
by narumitdc | 2007-07-14 10:55 | Latinamerican Idol

Epitafios

 1話ずつ書こうかと思っているうちに終わっちゃったのでまとめて紹介。
 HBOラテンアメリカオリジナルの13話完結ドラマ。
 ジャンルはサイコサスペンスかな? IMDBを見ると「ホラー」とも書かれてますが、超常ドラマではありません。

 アルゼンチンの首都ブエノスアイレス。
 ある刑事に匿名の電話がかかってくる。電話の声は彼にある場所で死体が見つかることを示唆する。
 そこに駆けつけた刑事たちは、男性の死体を発見。彼は5年前、私立高校で生徒を人質に取った事件を起こしていた。
 人質は3人の男子生徒と1人の女子生徒。男は彼らにガソリンをかけ、火をつけると脅していたのだが、そこに単身で侵入しようとした刑事(最初の刑事とは別人)が失敗、はずみで人質に火がつき、4人とも焼死する。
 その家の裏庭で彼らは2つの墓穴と墓石を発見する。
 墓石のひとつには駆けつけた刑事の名前、もうひとつには侵入に失敗した刑事と学校のカウンセラーであった女性精神科医の名前が並べて刻まれていた。
 これが一連の連続殺人事件の始まりであった。

 というのが導入部。
 タイトルは「墓碑銘」で、El final esta escrito(結末は既に書かれている)という副題が付いており、最後まで見るとそれが本当にそうだったことに感動しました(といっても、墓碑銘の文章がなんだったのか理解できてないんですが)。
 ちょっと犯人が何でもできすぎたり、犯人の計画がうまく進みすぎたりという傾向はありますが、伏線がきちんと張られていて「あーなるほどー」とあとから思うような、気持ちよい騙され感があります。途中からは犯人が誰なのかも警察側にもわかっているし、けっこうフェアなストーリー構成で、わりと良質なミステリの部類に入るかと。
 特に個人的に良かったのは、
・「殺人発生現場を線で結ぶと○○の儀式の模様が……」というようなトンデモオカルトがない(そういう話なのかと思わせる絵がCMの中にあったので、いい意味で予想を裏切られた)
・子どもを虐待する話が絡まない
という点で、すごく血なまぐさいドラマなんだけどエンターテイメントとして楽しめました。一部ご都合主義的なストーリーがかえって良かったかも。

 amazon.comなどで英語字幕付きの北米版DVDが買えます。
 ただ注意点としては、
・ハリウッド映画的な爽快感は全然ないので、そういうのを求める人には向かない。
・特に最初の方は殺し方がわりと詳細に描写されるため、グロに弱い人にはダメかも。
・amazonのレビューに「犯人が死体を大量生産する→警察が翻弄される(だいたい警察は間抜けすぎだろ)というパターンが繰り返されるだけ」という意見がありましたが、確かにその傾向はあるかも。実際、警察は間抜けだ。危機感なさすぎ。その他のレビューはおおむね好意的ですが。
という部分があるので、買って見ようと思う人は買う前によく考えて。
[PR]
by narumitdc | 2007-07-08 01:24 | Epitafios

Latinamerican Idol 7/4 結果

 のっけから意外な展開。
 誰が残るかという審査員の予想は私とほぼ同じだったんだけど。
 審査員はアメリカと同様3人おり、歌手のジョン・セカダ(キューバ人だったかな)、プロデューサーのグスタボ・サンチェス(プエルトリコ)、女性審査員は去年と替わって歌手のミミ(メキシコ。歌は聴いたことない)。
 ところで司会者は男女2人で、男性のモンチのアルゼンチン風スペイン語が耳に残り、この番組の放送期間中は目にしたスペイン語がすべて彼の声で聞こえるというほどなんだけど、今シーズン始まってから今回やっとひげを剃ってきてくれました。よかったよかった(どうでもいい話)。
 審査員予想はグスタボがリカルドとロサンヘラにサマンタかカルロスのどっちか、ジョン・セカダは3人目にダニエラを。ミミは予想を述べなかった。
 でも実際に残ったのはアルキメデス、カルロス(グアテマラ)、リカルドの3人。
 最後の敗者復活に残れるのはロサンヘラとダニエラ(これは審査員の選出)。
 まさか女の子がひとりも入らんとは。
 特にアルキメデスは意外。やっぱ名前が目立つと得なのかしら。
 カルロスはこの回ふたりいて、グスタボが予想したのがどっちかよくわからなかったけど、どっちもそこそこうまいのでありえないというほどではない。
 残った方のカルロスは、ルックスも歌も「こういう子って若い子アイドルに普通にいるよねー」というタイプ。なので意外ではないんだけどもう一押しないと自然に消えていきそうな感じもある。
 来週はごっついフアン・パブロの登場です。わくわく。
[PR]
by narumitdc | 2007-07-07 02:41 | Latinamerican Idol

Latinamerican Idol 7/4

 最後の10人の選出方法は、まず30人を3つのグループに分け、それぞれの10人の中から視聴者投票で3人ずつ選び、最後のひとりを審査員が選ぶというものでした。そういえば去年もそうでした。
 今週はその最初の10人だけど、この前私が本命と目した3人がみんなここに入れられてしまいましたた。読まれていたのかー。
 ほかにどういう女の子がいたか全然記憶がないんですが。
 ここから3人選ぶとすると、まずプエルトリコのロサンヘラかな(この前ルスアンヘラと書いたけど、Rosangela の Ros の部分が独立しているのかいないのかよくわからない)。
 次に、20代(だと思う)ながらなんとなく私のおばちゃん好き心をくすぐるサマンタ(メキシコ)。
 サマンタの出来が予想外に良かったので、ダニエラとリナは微妙。リナはかなり危ないと思う。ダニエラはポテンシャルが高そうなのでほかの歌をいろいろ歌うのも聞いてみたいけど。
 あとひとり、男の子を入れるならリカルドかベネズエラのフアン・カルロス。フアン・カルロスには去年のエフラインのような成長力を感じるので徐々に化けてくるかも。
 でも個人的にはリカルド入れてほしいなー。
 彼をハンサムと感じるかどうかは好みの問題なので異論もあろうが、しかしハンサムと感じる私にさえ、歌ってるときはすごくハンサムなんだけど普通にしゃべってるとそうでもないと感じられる。不思議なタイプだ。
 アルキメデスもここにいたけど、可もなく不可もない出来だったのでたぶん残らないな。
 投票結果は今夜です。
[PR]
by narumitdc | 2007-07-06 01:42 | Latinamerican Idol